image photo

不動産開発営業(2年目)の1日

9:00

ミーティング/スケジュール確認

新たに行うことや地権者様とのコミュニケーションのポイントが見えてくる。
お困りごと悩み事は何か?何を望んでいらっしゃるのか?
先輩からのアドバイスを聞く。
今日も怯まず、チャレンジしていこう、と思う。

image photo

10:00

企画書作成

今日訪問する地権者様向けの企画書を見直し、
朝のミーティングのアドバイスも参考に少し加筆。
お客様ごと、そして再開発案件全体を踏まえ提案内容はそれぞれ異なる。
『最高の提案』を掲げるメトロス開発社員として、
これがベストと自信を持ってご提案ができるように伝え方のポイントも整理。
地権者様がご納得いただける提案を”魂”込めて作る。

image photo

11:30

昼食

昼食時間は、午前中に打ち合わせがあることも多いため一定ではないが、
社内にいる時は時々ランチの支給がある。
都心部がどこも混んでいるので早めに済ませる。
すると午後の時間を有効に使うことができる。

image photo

13:00

地権者様訪問

本日は2度目の訪問。
1度目の訪問で隣地の複数地権者を含めた再開発を提案。
隣地地権者様の状況報告、お悩み事の解消について再提案。
地権者様の話に耳を傾け人間関係構築につとめる。
メトロス開発の早期に現金化できるシステムは魅力の様子。
引越先のマンションを探していただけることに…。
≪地権者A様プロフィール≫
2年前にご主人が亡くなられた75才のA様宅訪問。築45年の戸建てに居住。
最近、足が弱くなり階段生活が苦しく、水回りも古く使い勝手も悪い。
建て替えるにも新たな借り入れは困難、預貯金も将来のために残しておきたい。

image photo

15:30

役所訪問

オーナーに変わって行う手続きだけではなく、
工事関連に伴う諸手続きのために各自治体役所や法務局などは、度々訪問。
関わっている土地についての法規制等も確認。

image photo

16:30

近隣の開発現場見学

入社1年目、着工してから関わることになった事案の現場が近くに所在したため立ち寄る。
ほとんど活用されていなかった土地が、周辺の利便性を一変しそうな土地に
生まれ変わっているのを見ると、感慨深く、自分の仕事の意義を見出すことにもつながる。

image photo

17:30

デベロッパーとの打ち合わせ

複数の地権者様の要望はそれぞれ異なる。
地権者様から出た要望を伝達、すり合わせを行う。
対応できる事項と、できない事項、またしないことがよい事項などを
整理しながら打ち合わせを進めていく。
立ち戻る場所は、「安心・安全な街づくり」という観点。
地権者様の想いとデベロッパーとの想いの懸け橋となり、
結論に迷ったら「安心・安全」、そして企業ポリシーの「三方良し」に立ち返るのがメトロス開発の原点。

image photo

19:00

帰宅

帰宅は出先から直帰がほとんど。
自由で信頼されているからこそやりがいを感じる。
オンオフの切り替えも大切だが、身につけなければいけない知識も多い。
帰宅時は、業務メールの確認や読書、他業界との情報交換等も行う。
地権者様・デベロッパー双方のニーズに応えられるよう、自己投資は欠かせない。

image photo